Nature Remoが届いた!まずはセットアップ

どうもこんにちは。

三十路へのカウントダウンが始まり、そろそろ独立してえな〜ってことで少し前に一人暮らしを始めました。学生時代以来です。とても快適です。

次に一人暮らしを始めたら、絶対スマートハウスにしてやるという野望が密かにありまして。

とはいえスマート家電なんて揃えてたらあっという間に借金地獄です。なので自ずと興味は赤外線学習タイプのネットワーク対応スマートリモコンへ向きました。

いろいろ悩んで、前途有望っぽいNature Remoを購入しました。今日届いたので早速レポレポ。


スポンサーリンク

1.Nature Remoを選んだ理由

この手のデバイスをネットで検索すると、だいたい4種類くらいが出回っているみたいです。

  • IRKit/Nature Remo
  • iRemocon
  • eRemote/eRemote mini
  • REX-WFIREX1

これらの中でNature Remoを選んだ理由は、そんなに高くないことと開発元が日本人であることと、拡張性の高いIRKitの後継機だからです。

まず値段でiRemoconは脱落しました。2万超えます。高いよ。しかも外からコントロールするには月額費用が必要ってなによ。おしゃれだけど。多機能だけど。

で、開発元が日本か否かというのは、全力で海外製のPC使いまくってていまさらなに?って話ですが、IoTで大陸製ってやっぱり怖いじゃない、という小市民心から。ここでeRemoteは堕ちました。価格でいえばeRemote miniがダントツに安いんですけどね。

最後まで迷ったREX-WFIREX1は、純正アプリの機能は豊富そうだったんですけれど、あまりにアプリ依存にすぎるなと。ライトユーザーならそちらの方がよさそうなのですが、せっかく楽しいハードがあるのに開発元のアプリ以上のことはできないって、楽しくないじゃないですか。

その点IRKitは歴戦のガジェットヲタクをうならせてきたおもちゃ中のおもちゃです。私がその存在に気付いたのは高騰してた頃だったので当時買わなかったのですが、APIもiOS SDKも公開されていて楽しみ放題。設計図まで公開されていてハードもいじり放題。

高騰が落ち着いていたのでIRKitそのものを買おうかとも思ったのですが、後継が出るならそっちでしょ?ということで、Nature Remoにしました。予約販売で値引き中だったこともあり。APIはまだ公開されていないけれど一応公開予定、現時点でもIRKitのAPIとある程度互換があるということで、遊びたくなっても応じてくれそうだ、という判断です。

2.Nature Remo開封の儀

公式サイトから9月上旬に予約購入をしていて、10月17日に発送連絡がきました。そして翌18日に不在通知が入っていました() 再配達を頼んでいた今日、予期せぬ残業で間に合うかギリギリに帰ってきたところ、ちょうどマンションの前にヤマトさんのカートが。ダッシュしてエントランスで受け取りました。よかった。

というわけでパッケージから!

Nature Remoパッケージ

あら可愛い。

中箱はこんな感じ。

Nature Remo中箱

あら素朴。

そして内容物はこうなってます。

Nature Remo内容物

シンプルですね。本体、USBケーブル、ACアダプタ、ちょっとした取説、両面テープ。

USBケーブルはあまり長くないので(1.5mくらい?)、取り回しを考えるなら長いmicroUSBケーブルかUSB延長コードあたりを使ったほうがいいかもです。


スポンサーリンク

3.いざセッティング

初期設定にはiOSまたはAndroidアプリを使います。

Nature Remo
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料

設定方法は公式サイトに優しく書いてあるのでそちらをご参照ください。

はいできました(雑)。いや、ほんと何度か接続失敗とかありましたが、やり直せばちゃんとできますので。簡単です。

そしてリモコンを学習させます。

Nature Remoのコンセプト的にエアコン推しなので、まずはエアコンを登録しました。

ちゃんと日立って認識したー!

この画面の電源ボタンをスライドさせると、つきましたよ、エアコン!!寒いよ!!!!

エアコンのリモコンに関してはプリセットが豊富ということで、電源ボタンを認識させただけでこんな画面が用意されております。

この設定温度が最初「0℃」って表示されていて、なんか認識ダメなのかな??って思っていたのですが、しばらくしたらちゃんと表示されるようになりました。

その他の電気やらテレビやらはプリセットがないので、普通の学習リモコンと同じく覚えさせたいボタンをちまちま登録していきます。正直飽きますが、まあ無心でやりましょう。

面白かったのはAQUOS BDレコーダーのリモコンを東芝のエアコンと誤認したところ。どんな喧嘩だw

そんなこんなでとりあえずこんな感じに。

一通りスマホからコントロールできるようになりました!

とりあえず今日はここまで。実際にAPIも叩いてみたので、近日中にそのときのこと書けたらなーと思います!

[Nature Remo] 純正アプリで3週間使った感想

Nature Remoが届いた!まずはセットアップ” へのコメントが 2 点あります

  1. ウチもGoogleHome/IFTTTと合わせて色々やったけど、Remoって複数のキーを組み合わせるようなことはできないのかな?

    • コメントありがとうございます!

      当方はGoogleHomeを持っていないのでそちらは試していませんが、現状アプリでは無理そうですね。
      朝起きる時間に電気とテレビをつける…というのをやりたいので、IRKitのAPIを参考に何かできないかやってみようかなと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*