iQOSが壊れたときの対処法⇒2日で新品交換できました!

私は愛煙家なんですけれども、自室ではiQOSを吸っています。前は自室でも普通の煙草をがんがん吸っていたのですが、部屋が臭くなる&服も臭くなるということで、家と外でハイブリッドに使い分けることにしたのです。ただでさえ独身アラサーなのに、さらに煙草臭い女子ってのも、ねえ。

で、このiQOS、壊れやすいという評判の通り、壊れます。私の場合はカートリッジを挿すところ(加熱ブレード)がパキッといってしまいました。

途方に暮れていたのですが、わりかし簡単に交換してもらえたので、レポします。


スポンサーリンク

1.全体的な流れ

交換してもらうための手順は以下の通りです。

  1. メンバーサイトで製品を登録しておく
  2. 故障した製品の交換リクエストを送る
  3. 商品が届く
  4. 故障品を返送する
  5. 新しく届いた製品もメンバーサイトに登録しておく

はい、では以下詳細を。

2.交換リクエストを送るまで

2-1.iQOSメンバーサイトにログインする

iQOSは保証期間内であれば故障交換に応じてもらえますが、前提としてメンバーサイトで製品登録を行っている必要があります。

iQOS公式サイトからマイアカウントページへログインします。まだマイアカウントを作っていない場合は作ってください。

2016-12-31-5-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

2-2.製品登録メニューを開く

製品登録メニューは、ログイン後の画面の下の方にあります。

2016-12-31-6-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

「あなたのiQOSをすべて見る」をクリックします。製品登録をしていれば、リストが出てきます。

2016-12-31-7-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ここでは既に故障品が製品登録されていることを前提に進めていきます。というのも、製品登録って購入日がわりと自己申告だったりするので、どこまでが自己申告でどこからが製品番号管理なのかわからないんですよね…。壊れてから「やばい製品登録してなかった!」と慌ててやってなんとかなるのかは、すみません、わかりません。製品登録の方法自体は、後ほどご紹介します。

2-3.故障リクエストを送る

該当する故障品の「故障かなと思ったら」ボタンをクリックします。先に載せたスクショはすでにリクエストを送った後に撮ったものなのでグレーアウトしていましたが、もともとはアクティブでした。

「故障かなと思ったら」では、どんな故障なのかを聞かれます。該当するものをクリックします。

20161231_06_

今回はまさにこれ、「加熱ブレードに損傷」です。ポチッとクリックすると…。

20161231_07_

「そいつはもうダメだ、交換だ」といった旨のメッセージが出て、交換リクエスト作成画面へのリンクが表示されます。

20161231_08_

あとはフォームに従って交換リスクエストを作成しましょう。


スポンサーリンク

3.商品の到着~返送

3-1.商品到着

交換品はクロネコヤマトで届きます。配達日時は交換リスクエスト作成時に指定可能です。私の場合、リクエスト作成の2日後から選ぶことができました。

20161231_01_

中には新しいiQOSホルダーが入っていました!

20161231_03_

3-2.すみやかに返送

この梱包資材は返品交換専用に作られているみたいです。蓋を組み替えると返送用の着払い伝票を上面にして、そのまま送り返すことができます。無駄なゴミや発送手続きがいらないので、親切ですね。封をするための両面テープもついています。

20161231_02_

故障品を入れる方法は迷いました。買ったときの箱に入れた方がいいかな?と思いましたが、いかんせんスターターキットで手に入れていたため、ホルダー単体の箱がない。新品の箱に入れようかとも思いました。でも新しいのはやっぱり手元に置いておきたい…。

ということで、結局はホルダーをコロンっとそのまま入れてしまいました笑

この返送という手順があるので、故障理由で嘘はつけません。悪いことは考えないほうが身のためですw

4.新しい製品を登録する

製造番号が違うため、交換でやってきた製品には個別に保証期間が与えられます。いつ壊れるともわからないので、忘れないように製品登録を行っておきましょう。

交換リクエスト作成時にも開いた、マイアカウントページの「あなたのiQOSをすべて見る」を開きます。製品一覧の右上に「登録はこちら」というリンクがあるので、ここから登録を行います。

2016-12-31-7-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

登録フォームはシンプルなもので、製品番号と購入日を入力するだけです。この購入日が、先程どのくらい自己申告なのかわからない…と言っていたところです。メーカーの在庫管理では、たとえ店頭在庫も管理範囲としていても、品番単位までというのが多いと思うんですけどね。さすがに製造番号単位では管理していないと思います。まあとりあえず正直に入力しておくのが無難ですね。

20161231_05_

登録する製品番号は、箱の側面に貼られているシールで確認するのが一番わかりやすいです。

20161231_04_

以上です!この季節、煙草吸うために外へ出るのは辛いので、すぐに交換してもらえてよかったです。ひきこもりが捗るぞー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*