FF15アルティマニア内容紹介~「バトル+マップSIDE」編~

昨日アルティマニアが発売され、「シナリオSIDE」の紹介を行いました。

FF15アルティマニア内容紹介~「シナリオSIDE」編~

続いて、「バトル+マップSIDE」の内容を紹介します!


スポンサーリンク

1.バトル+マップSIDEの概要

キャラクターの育成や隠しダンジョンの攻略に役立つ情報、隅々までワールドを探検するためのマップが掲載されているのが、「バトル+マップSIDE」です。

ざっと挙げると以下の情報が網羅されています。

  1. バトルキャラクター
    • パーティメンバーのパラメータ、アビリティ、バトルアクション
    • リンク攻撃やファントムソード召喚中のアクション
    • ゲストメンバーのパラメータ、バトルアクション
    • 育成アドバイス
  2. バトルシステム
    • 最大HPが減る条件
    • バトルリザルトの判定条件と獲得経験値への影響
    • 各パラメータの説明とパラメータアップの方法
    • HP回復方法・回復速度の解説
    • MP増減パターンの解説
    • AP獲得方法とアビリティコール盤面図
    • 各アクションの解説(主にノクト)
    • シフト・パリィ・コマンドの解説
    • ダメージ計算式
    • 属性と耐性についての解説
    • 魔法精製のロジック、魔法リスト
    • ファントムソード召喚・ファントムリンクの解説
    • 召喚獣リスト(召喚可能条件つき)
    • ステータス効果&異常リスト
    • バトルアドバイス
  3. アイテム
    • カテゴリ別のアイテムリスト、入手方法
    • (武器)パラメータ・耐性の変化データ
    • (武器以外)効果や使いみち
  4. 討伐依頼
    • 討伐依頼の出現条件
    • 対象の生息地
  5. 封印の扉
    • 封印の鍵の入手条件
    • 封印の扉ダンジョン基本構成
    • 封印の扉ダンジョン攻略チャート
  6. エネミー
    • 敵の分類・出現・感知・部位・戦利品の概説
    • 敵のデータベース(分類別)
    • 敵の系統別アクションデータ
  7. マップ
    • 地方マップ
    • エネミー出現エリアマップ
    • 地域マップ
    • 拠点マップ
    • ダンジョンマップ

パラメータをカンストさせたり最強武器を手に入れたり、あるいは隠しダンジョンを攻略したりといった、いわゆるやりこみプレイに必携の情報ばかりです。また、各地の詳細マップがあるので、ぶらり4人旅のガイドに最適です。

2.これぞアルティマニア!なデータパラダイス

アルティマニアの醍醐味ともいえる、ゲームの中にあるデータベース全部本に引っ張ってきたんじゃない?と思えるほどのデータ量がどかんと載っています。パーティメンバーのパラメータは1レベル刻みで全て載っているし、武器装備・攻撃種別やステータス効果による各種倍率も欠かさず載っています。

たとえばHPが減る際の計算式も、ファントムソード装備時のHP消費量も載っているので、レベル○○でこの敵と戦った場合、ファントムソードぶっ放し続けても勝てるか?といったシミュレーションくらいExcelででもできそうです。やらんけど笑 でもほんと、ゲームプログラミングの勉強をしている人には参考書になるんじゃないかってくらい、データベース大公開です。


スポンサーリンク

3.アクションコマンドはモーション付きで解説

SECTION 1のバトルキャラクターは、ノクトが大半を占めます。まあプレイヤーが操作するのは主にノクトなので、当たり前っちゃ当たり前なんですが。

このノクト詳説っぷりがすごいです。FF15の最大の特徴はバトルがアクションだということですが、アクション遷移が全てノクトのモーション(画像)つきで解説されています。それも武器種別ごとに全て。ノクト丸裸です。あとは脱ぐしかすることないくらいです。

Picture

グラディオ・イグニス・プロンプトの項ではコマンド(テンペストとかギャザリングとか)の特徴とモーションが載っています。よくわからずに適当なコマンドをセットしっぱなしにしていたので、これはありがたいですね。

ゲストメンバーとしては、コル・イリスちゃん・アラネア姐さんのステータスやコマンドが載っています。さらにチョコボのバトルアクションページもあります。

「誰が何をできるのか?」に余すことなく答えてくれます。

4.もう魔法精製は怖くない

とりあえずエレメントぶっこんで適当なアイテムつけとけばいいかな?となりがちな魔法精製も、アルティマニアを読めば計画的にできるようになります。

FINAL FANTASY XV_20161225162208

魔法精製に関するアイテムリストも、追加効果・POWER補正・個数補正・効果レベルがきっちり表になって収録されています。そのため、金策でアイテムを売ろうと思うけど、魔法精製のために残しておくべきアイテムがわからない!!という事態は起こらなくなるはずです。

その観点で欲をいえば、アイテムを売ったときの値段もつけておいてほしかったですけどwアイテムの値段は別のSECTIONに載っています。見比べてコスパのいいアイテムを見極めましょう。

5.ステータス効果/異常のアイコンわかりにくいよね

ステータス効果や異常をアイコンだけで表現するのはFFの常ですけれども、なんかFF15のアイコンわかりにくいと思うのは、私だけでしょうか…?「なんかアイコン出てるけど何が起こってるかわかんない。そうこうしてるうちにバトル終わった!治った!まあいっか!」とかなってたんですけど。

あ、いやトードはさすがにわかりますけどね。プロンプトはそんなとき、おとめのキッスを使わずにだいたい写真撮ってますよね。

このステータス系アイコンに関しても、きっちりリスト化されているので、対策ができます。

6.封印の扉ダンジョンの詳細を知って途方に暮れよう

隅々までダンジョンを回りたい派は、おそらくとっくに見つけているであろう封印の扉。どうやったら開くのか調べもせず放っておきましたが、開く方法や扉の向こうに何が広がっているか、余すことなく載っているのは「バトル+マップSIDE」です。基本的にこの情報は「シナリオSIDE」には載っていません。

概要はざっと見た、んですけど、ちょっとこれ、怯みますw地下60階とか、ひどいものだと地下100階とかさ。もしかしてチャプター13よりえげつないダンジョンが待っているんじゃないかって、ひやひやしています。

でもやっぱり最強武器欲しいし!がんばります!…そのうち。

7.マップは安定のクオリティ。さよなら迷子の日々

FF15といえばオープンワールド。オープンワールドといえば迷子。アルティマニア バトル+マップSIDEがあればもう迷子を恐れる必要はありません。

7-1.マップの分類とわかること

マップは地方ごとに紹介されており、以下の5つに分類されます。

  1. 地方マップ
    • ざっくりした地形と拠点・ダンジョン・パーキングエリアの配置
    • 召喚エリアマップはこれに付属
    • 入手可能なアイテムはリストでのみざっくり載っている
  2. エネミー出現エリアマップ
    • このへんにこの時間帯、こんなやつ出るよ、というマップ
  3. 地域マップ
    • 地方マップでエリア分けされた地域の詳細マップ
    • ゲーム内のマップに表示されないものを含め、拾えるアイテムのほとんどがマップにプロットされている
    • 発生するサブクエストもマップにプロット
    • 標の位置情報もここ。別行動クエスト情報つき
  4. 拠点マップ
    • お店・施設の配置図
    • 落ちているアイテム
    • お店で売っているものリスト
    • 討伐依頼リスト
  5. ダンジョンマップ
    • 拾えるアイテム
    • 敵出現ポイント+出現する敵の種類

ところどころ雑ですが、まあこんな感じです。個人的には拠点マップがとてもありがたいです。レスタルムとオルティシエでいつも迷子になるんですよね。

召喚ができる場所が決まっている、というのもアルティマニアを読んで初めて知ったので、じゃんじゃか活用していきたいと思います。

FINAL FANTASY XV_20161222002340

ダンジョンマップはシナリオSIDEにもありますが、バトル+マップSIDEの特徴として敵の出現ポイント・種類がプロットされています。そのため、心臓が弱い方は「くるぞ…くるぞ…きたーーー!!!」と、心の準備ができるのではないでしょうか。FF15のダンジョン、暗いところ多いからけっこう心臓に悪いんですよね、ほんと。

また、繰り返しとなりますが、封印の扉ダンジョンのマップが載っているのはバトル+マップSIDEだけです。

7-2.残念ながら「青いキラキラ」は網羅されていない

ゲーム内でマップやナビゲーターで確認することができない、肉眼で見たら青く光っているアイテムあるじゃないですか。下の写真でノクトが全然気付いてないやつ。

Picture

これ、公式で「青いキラキラ」っていうらしいです。まじか。もっと呼び方なかったんか。

この青いキラキラ、手に入るものが固定であれば地域マップにプロットされていますが、そうでないランダムキラキラの場合は載っていません。地方マップにざっくりと「ランダムでこんなの拾えるよ」というリストがあるだけです。

そのため、「特定地域で手に入るものはひとつたりとも逃したくない!」というタイプにはちょっと物足りない点かもしれません。でもまあ青いキラキラに関しては一定時間で再出現もするので、あまり神経質になっても仕方ないかもしれませんね。トロフィーなんかにも関係ありませんし。

7-3.巻末付録は巨大なワールドマップ

シナリオSIDEではサブクエストと討伐依頼の一覧がついておりましたが、バトルSIDEの場合、巻末付録はルシスのワールドマップです。

これこそ巻末に折りたたまれているので、ビリッといくこと必至です。というか私はもうビリっといきましたw

巨大ですが、ルシスだけでかなりの広さがあるので、プロットされているのは以下のみです。

  • 拠点
  • パーキング
  • ダンジョン
  • 王の墓所
  • 釣り場
  • 帝国基地
  • チョコボレース場
  • 発電所
  • 封印の扉のダンジョンがある場所

そんなことより裏面がノクトとルーナなので、普通にポスターとして使うほうがいいかもしれませんね。

8.まとめ

とりあえずめっちゃいっぱい情報が載ってるということが伝われば幸いです。

基本的にシナリオSIDEとバトル+マップSIDE合わせて完全版なので、FF15を極めるには2冊ともあるのがベストだと思います。ただそれぞれに性格があるので、近いうち目的別の向き不向きを表にでもできたらなと考えております。

さて、私事ですが本日で仕事納めだったので、年末年始、アルティマニア両手にやり込みまくるぞーー!!!

FF15アルティマニア内容紹介~「シナリオSIDE」編~

[FF15感想]レスタルムに着いた段階では最高の旅ゲー

[FF15感想]クリア後感想&考察(ネタバレありVer)

[FF15感想]クリア後感想(ネタバレなしVer)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*