ポケモンGoがついにApple Watchに対応!早速遊んでみた

Apple Watch series2の発表時に騒がれていた、ポケモンGoのApple Watch対応。いつリリースされるのかよくわからないまま、気づけば発売から3ヶ月、購入から2ヶ月が過ぎておりました。

私がApple Watchを購入した一番の動機はApple Payでしたが、ポケモンGoも一応やっていたし、できたら楽しいだろうな~とは思っておりました。Apple Watch購入のきっかけは下記記事に書いております。

Apple Watch series2とiPhone6SでApple Payを使ってみた話

もはやポケモンGoができるようになるという事実も忘れそうになっていた三連休の一日目。惰眠から目を覚ますとこんな通知がきていました!

20161223_01

そういやそんな話もあったね!というわけで、早速試してみました。


スポンサーリンク

1.まずはアプリをアップデート

自動アップデートをオンにしてあるので、「通知がきた=もう使えるようになってる」のかと思いましたが、アップデートは保留されていました笑 手動でポチッとアップデートを行います。

20161223_02

ポケモンGoをアップデートした直後、Apple Watchの方でもポケモンGoのインストールが始まりました。アイコンはモンスターボールです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-13-44-59

iPhone側のWatchアプリでもインストール中であることを確認。

20161223_03

※Watchの設定で「Appの自動インストール」をオフにしている場合は手動でインストールしてください。

2.位置情報の利用とヘルスケアへのアクセスを許可

アップデート&インストールを確認できたら、iPhone側のアプリを立ち上げましょう。iPhoneで立ち上げる前にApple Watch側のアプリを起動しても、情報が共有されておらず、こんな悲しい画面だけが立ち上がりますw

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-13-48-09

iPhoneでアプリを立ち上げると、下記位置情報の利用についてのダイアログが立ち上がるので、許可します。

20161223_04

続いて、ヘルスケアデータの利用許可を求める画面になるので、「すべてのカテゴリをオン」にして右上の「許可」をタップします。

20161223_05


スポンサーリンク

3.Apple Watchでアプリを起動

さて、モンスターボールアイコンをポチッとします。情報がきていました!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-13-52-08

けれどこれ、まだペアリングが不完全な状態でした。「開始」を押しても「iPhoneでPokemon Goを開いてください」と言われます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-13-52-22

結論として、初回の起動時はiPhoneのアプリを開いたまましばらく待つというプロセスが必要みたいです。動かないぞ?あれ?あれ?と戸惑っている間にデータが同期されました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-13-55-38

アカウント、アバター、レベル、たまごの情報が正確に表示されたら、Apple Watch側のスタンバイOKだとみてよさそうです。

4.Apple Watchアプリの画面構成

早速「開始」を押してみました。画面を繰ってみると、下記の3画面(「終了」を含めると4画面)構成になっています。

4-1.メイン画面

メインと思われる画面には開始してからの運動距離、時間、消費カロリーと、タマゴの個数、孵るまでのインジケータが表示されています。下部の「ポケモン」は、実際に近くにポケモンが現れたら表示される仕様(あとでポケモン出現時の画面も載せます)。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-13-56-06

4-2.タマゴ画面

現在ふかそうちにセットしているタマゴの内訳が表示されています。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-13-56-08

4-3.通知設定画面

起動中、なにを通知するかを選択できます。ポケモンとポケストップの通知は別々に設定できる仕様です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-13-55-59

5.Apple Watchアプリを開始して近所を散歩してみた

この三連休はひきこもる!という予定を立てていましたが、試さない手はないとパジャマのまま散歩してきました。さすが引きこもり解消アプリです。

iPhone側のアプリをどうしておけばいいのかわかりませんでしたが、立ち上げていない状態で外へ出ました。

5-1.Pokemon Goアプリ起動中はワークアウト扱い

Pokemon Goを起動している間は、Apple Watch的にはワークアウト中という扱いになるみたいです。画面上部の通知アイコン(っていうのかな?)がワークアウトになっていることが確認されました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-14-00-23

5-2.ポケモンがあらわれた!!

うちは田舎なのであんまりポケモンがいません。出てくるかなあ、とりあえず一番近くのポケストップまで歩くか。ってな感じで歩くこと300メートル。Apple Watchから通知がきました!!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-14-15-22

安定のポッポw

Apple Watchアプリではポケモンを捕まえることはできません。なのでiPhoneでアプリを起動すると…

20161223_11

ほんとに出たー!ってか、いっぱい出たーー!!ww

確認している間にもサイホーンが出た、イーブイが出た、とブイブイ通知してくれていました、Apple Watch。これでわかったことは、iPhoneでアプリを起動していなくてもポケモンの出現を通知してくれるということですね。

メイン画面にも現在出現しているポケモンが表示されていました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-14-15-54

5-3.ポケストップに寄ってみた

元々目的地にしていた最寄りのポケストップまで行ってみました。近くへ行くと、こちらも通知を確認。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-14-16-49

6.ワークアウトもしっかり記録

雨が降ってきたので家へ帰還。Apple WatchのポケモンGoを終了すると、サマリーが表示されました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-14-20-13

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-23-14-20-16

iPhoneのアクティビティアプリにもワークアウトの記録が。

20161223_12

7.まとめ

軽く使ってみてわかったこと&感想をまとめます。

7-1.ポケモンGoのApple Watchアプリでできること

  • 移動距離がタマゴに反映される
  • タマゴの状況を確認する
  • 出現したポケモンを通知する
  • 近くのポケストップを通知する
  • ワークアウトを記録する

7-2.今後検証したい点

  • 「開始」していないときに通知はくるのか
  • アプリ使用中のApple Watchのバッテリー消耗
  • アプリ使用中のiPhoneのバッテリー消耗

7-3.ポケモンGoのためにApple Watchを買うべきか

これについては、「うーん…」としか言えないですね。私自身がポケモンGoをここ1ヶ月やっていなかったので、正直今更感があります。キラーアプリになり得る可能性はあったはずなんですけど、時期を逸してしまった感は否めません。

ポケモンGoで日常的に遊んでいる方には、iPhoneのアプリを起動しっぱなしにしなくてもいいので、十分価値はあると思います。バッテリー消耗がどのくらいかにもよりますが。

私の場合はApple Watchに対するニーズがまずあって、かつポケモンGoもやってたよ、という人間なので、そういう立場ですと今回のアップデートは大歓迎です。放置していたけどまた再開しようかなという気になりました。

結論として、ポケモンGoのためにApple Watchを買うべきというよりは、Apple Watchを買えばポケモンGoもできるよ!ということです。

ひとまず、週が明けたら1日中ポケモンGoを起動した状態で通勤してみたいと思います。仕事中は通知を切ってタマゴだけを育てるという使い方もできそうなので。

↓↓↓Apple Watchの記事↓↓↓

AppleWatchで変わった生活スタイル6つ

Apple Watch series2とiPhone6SでApple Payを使ってみた話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*