Office 365を個人で導入するなら結局どのプランがいいのか

MicrosoftがOfficeを課金制サブスクリプションとして提供を始め、5年くらい経つのでしょうか。

私がOffice 365を導入した時期はかなり早かったと思います。マーケティング区分でいえばアーリーアダプターというやつに余裕で入っていたかと。

流行に敏感というよりは、単にタイミングの問題でした。大学院を卒業してニートとなった頃、iMacを買ったんです(ニートなのに)。そのときにOfficeを入れたいけどパッケージ版を買う余裕がなくて、安易に月額に流れたというわけです(分割で買えばよかったんじゃないのというツッコミは受け付けます)。Adobe CCも同じ理由・同じタイミングでうっかりアーリーアダプターでした。

当時はまだ法人向けプランしか用意されていませんでした。そこで契約したのが Office 365 Small Business Premiumというプラン。どうも今は新規契約のラインナップにはないらしい。

それから数年経って個人向けのOffice 365 Soloなるものが出てきました。法人向けプランも刷新された様子。

正直プランが乱立しすぎだし、Microsoftのホームページはわかりにくすぎるし、新しく使おう!と思ってもどれがいいのかさっぱりわかりませんよね。私もプラン見直しをしようとする度に挫折してきました。

そこで、一度徹底的にOffice 365の各種プランと向き合って、お得にOfficeを使うにはどうすればいいかを考えてみたいと思います。

結論を先に申し上げますと、それなりに新しいOfficeを使っていたくてPowerPoint以上のスイートを使う場合、Office 365 Soloよりもパッケージ製品よりもOffice 365 Businessがコスパ最強です。

以下、検証です。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)


スポンサーリンク

1.個人で利用する場合、考えられるプラン

まずは検証の基礎となるプランとその費用を挙げます。

Microsoftのサイトでは「家庭向け」「一般法人向け」に分けてOffice 365を紹介されています。でも別に個人であっても法人向けプランに申し込むことはできるので、
この垣根は取っ払って個人で使えるであろうプランを考えてみました。

ここではパッケージ製品と比較しやすいよう、PowerPointとAccessの使用可否も表に入れています。

プラン名 月額(1ユーザあたり) PowerPoint Access
Office 365 Solo ¥1,274
Office 365 Business ¥900 ×
Office 365 ProPlus ¥1,310

2.Office 365が向いている人(個人)

さて、Office 365が向いている人ってどんな人でしょうか。

  • 常に最新バージョンのOfficeを使いたい
  • 手持ちのPCにWindowsとMacが両方ある
  • クラウドストレージをがんがん使う

…これくらいでしょうか。

2-1.常に最新バージョンのOfficeを使いたい

Officeはだいたい3年に一度メジャーアップデートをします。2003→2007のときはあまりの互換性のなさに阿鼻叫喚でしたが、その後2016まではそんなに大きく互換性が損なわれる事態にはなっていません。今後はわかりませんが。

そんな背景も踏まえつつ、新しいバージョンが出たらすぐに使いたい!という場合、パッケージ製品の買い替えではどのくらいコストがかかるか見てみましょう。

パッケージ製品の価格は、Amazonで以下の通り。

高いヨネー。

それでは3年に一度のメジャーアップデートを前提として、パッケージ製品の価格を36ヶ月で割ってみましょう。値段は変動してしまうので、2016年11月現在のMicrosoftサイトに載っている定価を元に計算してみます。

また、Macを除く各製品の違いとして、含まれるスイーツが異なるという点があります。そのため、PowerPointが使えるか、Accessが使えるかも同じ表の中にまとめたいと思います。

  定価 月あたり PowerPoint Access
Personal ¥32,184 ¥894 × ×
Home and Business ¥37,584 ¥1,044 ×
Professional ¥64,584 ¥1,794
Home Business for Mac ¥37,584 ¥1,044

※MacにはそもそもAccessがありません。

これら月あたりの費用を見ていると、常に最新バージョンのOfficeを使いたい方にとってパッケージ製品とOffice 365のどちらがお得かについては、PowerPoint以上を使う、またはMacなら確実にOffice 365の方がお得です。そうでない場合は以降に記述する2つのファクターと照らし合わせる必要があります。

2-2.手持ちのPCにWindowsとMacが両方ある

上記の月あたり費用で気をつけておきたいのが、パッケージ製品でインストール可能な台数は2台であるというところ。ただし、Windows製品はWindows2台、Mac製品はMac2台です。ここ、テストで出ますよー!

一方、Office 365でOfficeスイートをインストールする場合は、WindowsとMacを合わせて○台、という考え方です。

そのため、たとえばWindows1台+Mac1台の両方にOfficeをインストールしたい!という場合、パッケージ製品ではWindows用とMac用、両方購入する必要があるんですね。けれどOffice 365であれば1ライセンスで両方にインストールできる。

そのため、WindowsとMac両方をお持ちの方には基本的にOffice 365の方がオススメできます。

2-3.クラウドストレージをがんがん使う

Office 365を利用することで、OneDriveストレージ1TBを使うことができます。

…この1TBもけっこうファジーなんですよね。今は1TBですが、プランによっては容量が明示されていなかったり、突然制限がかかったり。とりあえず今現在Microsoftのサイトを見る限り、1TB使えるという認識でよさそうです。

主要なクラウドストレージサービスで1TB使おうと思ったときの価格比較(2016年11月現在)

サービス名 月額 備考
Dropbox ¥1,200  
iCloud Drive ¥1,300  
Google Dribe ¥1,100 月額$9.99→1$=110円として計算
Amazon Drive ¥1,150 年額¥13,800

ふむ。だいたい1100円~1300円が相場のようですね。iCloudさすが高い。

というわけで、クラウドストレージをよく使う方にとっては、Office 365のお得感はスイートに対する月額利用料+1TB分のストレージ月額利用料で考えるのがよさそうです。

クラウド1TB¥1200として考える場合

  パッケージ
定価
月あたり
1TB込
PowerPoint Access
Personal ¥32,184 ¥2,094 × ×
Home and Business ¥37,584 ¥2,244 ×
Professional ¥64,584 ¥2,994
Home Business for Mac ¥37,584 ¥2,244

Office 365の月額料金を鑑みるに、クラウドストレージ1TBを必要とする人は何をどう考えてもOfficeパッケージ製品よりOffice 365の方がお得です。

まあ肝心のOneDriveの使い勝手がどうなのよ、という課題は残ります。一時期よりはApple系ガジェットで使う場合でも随分使い勝手がよくなったと思いますよ。私のメインストレージはDropboxですけれどもね!


スポンサーリンク

3.プラン選定の指標

上記プランの中で、一体自分にはどれが向いているのか?を考えるための指標は大きく分けて2つあります。

3-1.1ライセンスでスイートを利用できる台数

これは大きな判断材料です。自分がOfficeを使う端末が一体何台あるか?です。

Office 365のスイート利用台数にはモバイル端末が含まれないので(厳密にはスマホ2 or 5台、タブレット2 or 5台といった制限はあります。これ越える人はあまりいないでしょう)、何台のPCを持っているかで判断することになります。

1ライセンスでスイートを利用できる台数は、プランによって以下の通りです。

プラン名 使用可能台数
Office 365 Solo 2
Office 365 Business 5
Office 365 ProPlus 5
(参考)パッケージ製品 2

最初に示した通り、使うPCが2台以下でWindowsかMacのどちらかに寄っている場合はパッケージ製品の方がお得になることもあります。

3-2.Accessが必要か否か

パッケージでも365でも「どのOfficeを買うか?」に大きく関わってくるのがAccessの使用有無。

個人用途でAccessを使うか?というと、「使わない」が大半かと思います。私の場合は、最初にOffice 365を契約したニートのタイミングではAccess入りのプランしかなかった(たぶん)ので必然と含まれており、その後最初の職場でAccessの勉強をする必要があったので活用していたという割と特殊な例です。

今も仕事でAccessを使うことはありますが、それなりに習得した今となっては家でゴリゴリAccess使うかと問われると「別に…」です。沢尻さんです(古い)。

まあ一時期は家計簿や同人誌の在庫管理に使おうとかしていたんですけれどもね。モバイルたち(主にiPhone&iPad)と共有しようと思えばExcelさんの方が都合がいいんですよね。モバイル用のAccessが出てくれば事情は多少変わるのですが。Excelにデータを溜めるのってあんまり好きじゃないので。

で、本題ですが、現在新規契約できるプランでAccessが使え、かつ個人用途に向くのは以下の2プランです。

  • Office 365 Solo
  • Office 365 ProPlus

4.まとめ

以上より、Office 365のプランをまとめます。

使用台数 Access オススメ 月額
~2台 使わない Office 365 Business ¥900
~2台 使う Office 365 Solo ¥1,274
3~5台 使わない Office 365 Business ¥900
3~5台 使う Office 365 ProPlus ¥1,310

と、いうわけで、

  • Accessを使わない場合はOffice 365 Business
  • Accessを使う場合は2台以下ならSolo、3台以上5台以下ならProPlus


という結果となりました。

特に「個人だからSolo」と考えている方は、Accessを使わない場合は台数が少なくてもBusinessの方が安い、ということを知っておくと少し幸せになれるかもしれません。

5.おまけ:Office 365 Small Business Premium

ここまできて、「ところで私はいくら払ってたっけかな?」と調べてみました。

結果:¥1,660/月

……oh

どう考えてもOffice 365 ProPlusの方が安いので、契約変えられそうなら変えてきます…というかメニューの中身もところどころ「ProPlus」ってなってるよ…アーリーアダプターの優位性なんてなかったんや…。

Office 365 Small Business Premiumから直接移行できるプランと移行方法

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*