MBPとさよならしてSSDをVivoPCのWindows10に載せ替えた話

今年悲しかったことはいろいろあれど、その中でも5本の指に入る出来事がこちら。

MBPのトラックパッドが崩壊
MacBook Proのトラックパッドが崩壊しました。

わーお。

振り返ればこんなことになっていた愛機MacBook Pro early 2011(確か)。
泣く泣く彼とお別れして、換装していたSSDをWindows10に載せ替えた話が一応本題、の、はず。


スポンサーリンク

MacBook Pro early 2011との思い出(訳:飛ばして下さい)

出会い~二人三脚の大学時代~サブ機降格のニート時代

My Sweet MBPとの出会いは大学4回生のとき。友人宅でほぼ初めてIntel Macを触ってから欲しくて欲しくて、暇さえあればヨドバシ梅田店でその美しい筐体を撫で回しておりました。当時のAppleコーナーは今ほど人まみれではなかったので堪能したい放題だったのです。

その頃研究室に持ち込んでいたのは2007年購入のDell XPS M1210で、OSがVista。
そう、悪名高きあのVista。
とにかく重い。使いにくい。ほんとなんだったのあれ。間違いなくVistaのおかげで、物心ついてから20年近くそこにあるのが当たり前だったWindowsに嫌気がさしていた頃でした。大学入学当初に買って、4年間よく耐えたと思いますよ。実際家では高校時代に使ってたXPの使用率の方が高かったですし。

で、所属していた研究室の教授がMac使いだったこともあり(教授はでっかいiMac)、憧れが募りに募った2011年初春、大学院にも無事合格が決まっているし、ということで24回払いでのMBP購入を決意。当時のOSはSnow Leopardでした。Spacesが上下左右でめちゃくちゃ作業しやすかった。あの仕様復活しないかなあ。

それからはいつも一緒。夜中の実験も東北や九州での学会も〆切10分前提出だった修論作成も、いつも隣にはあなたがいました。
奇しくも世の中ではクラウドサービスが本格的に流行り始めた時期で、DropboxやEvernoteを初めて使ったのも彼の中でした。1年半ほど前に手に入れていたiPhone3GSとの親和性の高さに研究そっちのけで毎日wktkしていたあの頃が懐かしい(研究しろ)。

ヲタク回帰して同人小説を書き始め、サイトを立ち上げpixivを知りTwitterにハマり、仲間とSkypeで過ごしたあの日々も全て支えてくれていたね。

しかし大学院を卒業してニートになったとき、「ニートだからデスクトップ必要だろ」というわけのわからない理論でiMac買って母艦の座を奪ってしまったことは正直すまんかった。ニート時代に同人誌作るためだけに字書きにも関わらずAdobeCC契約して、正直重くなってたんです。なにがって、ニートなのにiMac24回払いで買った若さが怖い。

そのままサブ機としての運命を歩むのかと思いきや、転機が訪れます。

初めての就職、業務用端末としてのMBP~新進気鋭のWindows10

ニートすること半年、親からの「働け!!」という至極真っ当な叱咤を受けしぶしぶ病院に就職し、1年後シス管になりました。で、配属早々「ネット使いたかったら自分で端末持ってきてね」という今となっては衝撃的な(?)上司の一言で、まさかの業務用端末として復活を遂げたのです。

病院ってところは昨今少しずつ地域連携ネットワークの構築やらクラウドサービスの利用やらが(本当に少しずつ)進み始めていますが、基本的には基幹システムネットワーク(いわゆる電カル系)は完全クローズド、「インターネット?使いたければ別で契約しな、自己責任でな」的な場所なので、医局なんて特に持ち込み端末がメインだったりするんです。先生方もガジェット好きが多くて、たぶん安い端末与えられるよりはいかに自分のデスクを最先端環境で染め上げるかを競ってる方が楽しいんだろうなってな空気でした。金余りすぎな。その割にちょっと不具合が起こるとすぐにシス管呼びつけやがるんですけど…って長くなるからこれはいいや。

そんなこんなで返り咲いたMBPと二人三脚の日々。
いろんなことがありました。撥ねつけられたあの提案も、成し遂げたあの案件も、彼と一緒にGoogle先生に聞きまくって彼と一緒に資料を作って…。

だけど悲しいかな、日本の職場で圧倒的に強いOffice(というかExcel)との互換性がまだまだ甘かったこと、なぜか圧縮ファイルにexeを使ってくる得意先がいたこと、その他もろもろで少しずつ無理を感じてきてしまったんですね。Windowsでないと困る作業は自宅にVPN張ってRDPでしのいだりもしてたんですが、一番大きかったのは重さが割りと半端なくなってきていたことです。そのへんはまあ、私の使い方が悪いのもあったんですけど…。

で、3年目の冬に買ってしまいました、Windows。懐かしのDellです。Inspironです。スペック積めるだけ積んで。今回は12回払いです(聞いてない)。

SSD換装で奇跡の復活を遂げるMBP

とうとう役目を終えてしまうかに見えたMBP氏。けれども私は基本的に貧乏性なんですね。
あまりハードいじりは得意ではないんですが、Dellで初めてSSD端末を手に入れて、その爆速具合に目を見張った結果。

「…SSD積んだらこいつまだいけんじゃね?」

ってことで、軽率に実行したわけです。

それはもう、2歳若いはずのiMacをはるかに凌駕する速度で。たまにファンが異常に回ってたけど、さっくさく。もしかしたら買った当時より速かったかもしれない。
そんなわけで、冬の間はこたつから出られなくてiMacの置いてある机に向かうことのない私の、家用端末としてもう一度生まれ変わったわけでした。

それなのに、それなのに。どうしてこんなことになってしまったんだ…!

MBPのトラックパッドが崩壊
MacBook Proのトラックパッドが崩壊しました。

ってここまで振り返って、ファンが異常な音出してたことを思い出し、もしかしてSSDのせいでバッテリーが逝ったのか?と考えたりもしましたが、真相は彼のみぞ知る。

壊れたMBPのSSDで低スペックのWindows機をリニューアル!

とまあ、保証もとっくに切れてるし廃棄するしか道のなくなったMBP、載せ替えてそう年月の経っていないSSDは再利用しなければなと。わりとドライに考えたわけです。

我が家にはMBPとiMacとInspironの他に、テレビにつないでいるVivoPC VM42がいます。ベアボーンでなくいっちばん安い低スペックの。VPNで繋いでたのはこいつです。

VivoPC VM42 VM42-S009V
VivoPC VM42 VM42-S009V

廉価モデルだけあって、メモリは2→6GBまで積んだものの(8GBにできなかった貧乏人)、まあ遅い。もともとDiceでDDNS更新する簡単なお仕事とテレビで動画を見る用途くらいにしか使っていなかったので別によかったんですが、ちょっとHyper-VでLAMP環境作りたかったんですよね。
で、とりあえずこいつをSSDにしたらまあちょっとはマシになるかなと考えたわけです。VivoPCはディスク&メモリ換装がめちゃくちゃ簡単ってとこがウリだったりしますし。

ひとつ気がかりだったのは、買った当初Windows8.1 with Bing(笑)だったものを8.1 Proにアップグレード→後に10無料アップデートをしているので、載せ替えて大丈夫か?というところ。
ネットでSSD換装の方法を検索していると、購入時からProやら10やらに上げていると失敗しやすいような記事が溢れていたもので…。

でもまあダメならもともとで。クリーンインストールをする気にはなれなかったので、EaseUS Todo Backup Freeを使ってクローニング。夜バックアップかけて朝起きたら終わっていました。

入れ替えて失敗だったら嫌だし、とりあえず外付け状態で起動…「起動ディスクが見つかりません」。

わーお。

で、BIOS見直して起動ディスク替えたらWindowsが立ち上がった!!!
…のはいいけれど、どう見ても内蔵HDDで立ち上がってます本当にありがとうございました。遅いしどんだけディスクアクセスするんだお前は。

色々調べてみるも、SSDもしっかり認識されていてファイルは普通に見れるしディスク管理を見てもクローニングは成功していそうな空気…先頭の謎の未割り当て領域が原因か?とも思いましたが、たぶんMBR領域じゃないのかな?知らんけど。

ってことで、とりあえず替えてみよう!!って、結局蓋を開けることに。で、開けて思い出したんですけど、

VivoPC VM42の蓋を開けたところ
VivoPC VM42の蓋を開けたところ

Vivoくん内蔵HDD3.5インチだったのねwwwでけーよwwwwwwてか2.5インチのHDDケース買ってきちゃったよ。あーあ。

換装は至って簡単です。ネジもなんにも使ってなくて、カシュっとスライドすれば簡単に外れます。で、SSD氏を装着。

VivoPC VM42に2.5インチSSDを装着
VivoPC VM42に2.5インチSSDを装着

スwwwッwwwカwwwスwwwカwwwwwwwww

SATA挿しただけで固定もなんもないけどこれでいいのか…?と思いつつ、蓋をして配線しなおして電源投入。

立ち上がりました!!!!!!

なんだ、なんも心配することなかったじゃん。てか速い。この子こんなポテンシャル秘めてたのってくらい速い。SSDすごい。21世紀すごい。ベンチマーク?めんどくさいからしてない!(キリッ

というわけで、思い出のMBPくんから譲り受けたSSDは今日も元気に動いているのでした。めでたしめでたし。

MBPとさよならしてSSDをVivoPCのWindows10に載せ替えた話” へのコメントが 3 点あります

  1. ガジェットとネイルが好き。 管理人様

    お世話になっております。EaseUS Softwareです。

    突然のコメント、失礼致しました。

    御サイトで弊社の製品をご紹介頂きまして感謝しています。

    この記事を拝読した後、ちょっとお願いしたいことがございますが、宜しいでしょうか?

    より詳しい内容をお読みになりたいユーザーのために、お手数ですが、記事中のEaseUS Todo Backup Freeに下記の日本語公式ページをご挿入頂けませんでしょうか?

    http://jp.easeus.com/backup-software/free.html

    お忙しい中ご無理申し上げまして大変恐縮でございますが、ご検討頂けば幸いに存じます。

    ちなみに、このEaseUS Todo Backupはもう10.0にアップデートしました。お時間のある時に、上記のページにてご覧頂けばと思います。

    どうぞよろしくお願い致します。

    • イーザスご担当者さま

      お世話になっております。管理人の長 美咲です。

      この度は閲覧&コメントありがとうございます。
      記事中のEaseUS Todo Backup Freeにリンクを貼らせていただきました。
      貴社製品のご紹介を中心とした記事でないことが心苦しいですが、
      今後とも何卒よろしくお願いいたします。
      またデータ移行の機会があれば最新バージョンにてお世話になれたらと思います。

      ありがとうございました!

  2. ガジェットとネイルが好き。 管理人様

    お世話になっております。EaseUS Softwareです。

    お忙しい中お邪魔致しまして、申し訳ございません。

    御サイト上で弊社製品をご紹介頂きまして感謝しております。

    先日、弊社日本語公式サイトをSSL化にしましたので、お知らせいたします。

    お手数ですが、記事中のリンク先をhttpsページにご修正頂けませんでしょうか?

    お忙しいところ大変恐縮でございますが、ご確認の上、ご検討頂けば幸いに存じます。

    何とぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*